ご挨拶

NGFプロインストラクターズ協会
会長 杭原 修
 

ゴルフ産業は、競技人口1000 万人強、ゴルフ場年間延べ利用者数約9000 万人、主要業種の市場規模合計2 兆円を越える、わが国最大のスポーツ産業となっています。ゴルフは多くの優れた機能を持っていますが、中でも高齢者のプレー参加が可能で、世代を超えた交流ができる稀有なスポーツ特性は、高齢社会化が急激に進むわが国にあって、健康増進にも寄与できる点も含め、社会貢献的なポテンシャルは非常に大きいものと考えられます。

しかし、ゴルフ市場は現在大きな転換期を迎えており、ゴルフ人口の減少と既存ゴルファーの活動率の低下が、ゴルフ産業全体に大きな打撃を与えています。特にゴルフ産業の根幹を形成するゴルフ場業界は、利用者数の低迷、価格競争の激化による収益性の低下、預託金償還問題等経営上の問題が深刻化し、事業の将来展望も開けず、不透明感が高まっている。ゴルフ場業界の低迷と混乱は、ゴルフレッスン部門にも大きな影響を与え始めています。

現下の厳しい環境を乗り越え、ゴルフ産業の再構築によりゴルフレッスン部門の活性化を実現するためには、ゴルフ産業に関わる様々な組織や関係者が一体となって、新しい社会に受け入れられるようなゴルフの魅力創造に取り組み、より多くの人々に強く発信していく必要があります。それには中長期的視点に立った、業界の戦略的な対応が必須命題となります。

当協会は、グッドプレイヤーの育成を通して将来のゴルフ市場動向を展望し、ゴルフ関係者の具体的行動展開の指針となり、活性化へ向けての取り組み成果が拡大していくことに期待しています。